Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -

今月のドル円相場

今月のドル円は、6月の雇用統計の伸び率の低下のより一時111円台まで下げましたが、すぐに追加利上げの思惑が強まり現在116円半ばで推移しています。追加利上げか織り込んでいる模様です。

他の通貨がそれほど円安になっていない中、かなり強い流れだと思います。

これからは、27日からのFOMCと7月7日の雇用統計に注目が集まると思います。もし万が一、利上げが行われなかったり、雇用の増加がマイナスだった場合は再び110円を目指す事もありえると思います。

チャート的には暴落時に空けた窓埋めに挑戦中です。
ここで、117円まで行けるかがポイントになると思います。

為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから
スポンサーサイト

大地震が来たときどうする

もし、東京に大地震が来て首都機能が麻痺してしまったらどうなるのだろうか?
たびたび考えます。
その時命があるかは運に任せるしかないのですが、お金の問題です。
まずは、株価と円が暴落、そして銀行口座の凍結・・そのまま恐ろしいインフレが来て、円か紙切れ同然になったりするのでしょうか?
当初は、持ってる株が紙切れになるリスクを外貨購入でヘッジできるのではないかと思っています?
しかし、こないことを祈るしかないですね!!

為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

高値掴み

今日はオセアニア通貨があげそうだったので、逆の期待もこめつつNZドルを72.40、豪ドルを85.60あたりの逆指値を指して出かけました。
(どちらも昨日のボックスの少し上です)
ですが、見事に約定。
しかも、NZドルは一日の高値で買ってしまったらしいです。
8000円損したことよりのそっちが痛いです。

ちなみに、ワールドカップは豪ドルの相場にはほとんど関係なかったみたいです。

為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

明日のオーストラリア戦と為替

明日はいよいよワールドカップの日本対オーストラリア戦です。
結果も気になりますが、その時為替はどう動くのかが気になります。
なぜなら豪ドルとNZドルは日本人に大人気であり、ほとんどの人が買い越しポジションです。

純粋にオーストラリアが勝ったことであがるのか?
それとも、日本が勝ったことで高揚した日本人が大きな買いを入れてくるのか。(特にゴールの瞬間など)
個人投資家でどこまで為替を動かすことができるかわかりませんが、テレビが片手に相場を見ていきたいです。

ちなみに、私のポジションですが、運よく114円中盤で手に入れたショートポジションはわずか1000円の利益で決済してしまい、土曜日にあろう事かNZドルと豪ドルのショートを取ってしまいました
。 今は含み損が2000円程、明日は様子見にしたいので朝に即、損切りするかもしれないです。

為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

隠れた人気通貨ペア。ポンスイ

今、為替で人気の通貨ペアと言えば、言わずと知れた米ドル/円に高金利通貨であるNZドル/円、豪ドル/円ですが、
ひそかに人気を集めている通貨ペアがポンスイ(英ポンド/スイスフラン)です。

なぜかというと、レートが変動が比較的に少ないのとそこそこの金利が見込めることです。現時点でのポンスイの金利差は約3%
決して安くない水準です。
しかも、ここ一年はおよそ、2.240から2.300のレートで推移しています。(いきなりレンジブレイクされる可能性もありますが)

その水準は米ドル換算でいうと3円前後しか上下してないのです。
金利は一日で円換算で200円近くもらえるので、一番上で買って、一番下で売っても一年持っていると、ほぼ金利で埋まる水準です。

ブログのタイトルではスワップ狙いと書いていてデイトレばかりしていましたが、ここで金利を狙っていこうと思います。

そこで、つい先日ポンスイの通貨ペアを導入したセントラル短資オンライントレードから口座開設通知がきました。
押し目で狙っていきたいです。


セントラル短資

豪ドルとNZドルのスワップの高さが魅力的。 更に、信託保全と長期投資にはおススメです。

為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

円相場は爆上げ 株価は爆下げ

今日は、恐ろしい一日でした。
日経平均株価は、3%を超える大幅な下落
そのためか、円が売られ円安が進行しています。
昨日買ったばかりの豪ドルはあっという間に10000円の含み益に、いい具合に金利も付き85.16で利確できました。
そこで今度は上がり過ぎた米ドルに仕掛けようと思います。
114.54でショートポジションを取ることができました。
はたしてどうなるか・・・

ちなみに、いまだに持ち続けてる株は、この大幅な下落にかかわらず2連騰、まあ、たかが2000円ですが・・・
株もこれ以上下がってきたら買いを入れていきたいです。


為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

米ドル急上昇

更新したかったのはやまやまですが、ここ数日ブログの不具合で書き込みできませんでした。
雇用統計で下げたと思いきや、米ドルの急上昇恐ろしいです。
結局2枚の売りポジションは111円中ほどと後半で手放す事ができ、
112円前半で買ったものを50銭抜き、
悔いは多少あるものの、腹五文目でしょうか
これからは、どちらに行くのかわからない状況です。

今の状況では、為替差益を狙いたいなら、米ドルへ
スワップなら豪ドルですかね
実は、スワップサービスデーにつき、豪ドルを1枚買っちゃいました。


為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

今日の相場

今日は大きく窓の開けず、とての平凡な相場でした。
もうすぐ、非製造業景況指数の指標が出ます。
果たして大きく動くのか?
にしても、明日からの豪ドルは経常収支、GDPと手放せないかも。

為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

為替のデイトレ戦略

ブログのタイトルには長期投資のスタンスと書きましたが、最近はデイトレが結構多いです。
そこで気にしているのが需要経済指標!!
大きく振れる指標には注意してます。
その取引方法は、指標が出る直前、少し上と下で逆指値で待つというもの。

どちらかに大きく振れれば勝ち
動かなければ、損得なし
地味に振れてリバウンドすれば負けになります

30銭以上動くような指標の発表には目が離せません。

しかし、怖いのがひとつ。
急な取引増加によるシステムダウンです
。 いくら読みが当たっても、レートが提示されていなければなりません。
ちなみに三貴商事など様々なFX会社が参加しているクリック365では、今月の急な暴落の中、2銭下で売れていたので助かりました。
デイトレはシステムの安定も考慮材料ですね。

ここまで、デイトレの事ばかり書いていましたが、ちゃんと長期投資のことも考えております。 詳しくは後日。


三貴商事
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
くりっく365では、通常年収330万円超で30%取られる税金も一律20% 損失を出しても、損を3年間繰り越せるメリットがあります。
数ある取引会社の内、三貴商事は最低水準の手数料を提供しています。

為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

前日の雇用統計

まず、最初にしばらくの間ブログを放置してすみませんでした。
理由は、仕事が忙しくいつも終電間際だったためです。
最近は落ち着いてきたので、再開したいと思います。

先月は、雇用統計の発表を知らず飲み会中大きな痛手をこうむってしまいました。なので、リベンジでした。

昨日の午後9時10分、帰宅して相場を眺めます。
雇用統計発表直後、大きく上か下かにぶれそうなので、米ドル2枚を10銭近く上と下両方の逆指値で待ち構えていました。
そして、9時半、恐ろしいほどの下落、案の定112.60の逆指値は112.58で約定し、+17,000円

しかし、難しいのはここから、
111.50というのはここ2週間のレンジの下値、
このまま110円のありえるが、また113円後半を試す可能性もあります。

とりあえず、先月の同じく、来週の窓空けを期待したいです。
もし、始値が111円前半ならば、そのまま放置、
窓が開かなければ、利益を確保のため1枚処分したいです。



為替ブログランキングに参加しています。
他の方の投資戦略はこちらから

Appendix

スワップが魅力のFX会社

外為どっとコム
 
スワップ金利が高く、1000通貨から取引できるのが魅力的です。6/5日から手数料の値下げが決まり、さらに使いやすくなりました。

セントラル短資
 
スワップ金利の高さはトップ水準です。信託保全もされており、初回1ヶ月手数料無料、5000円キャッシュバックも魅力的です。

手数料が魅力のFX会社

マネーパートナーズ
手数料が無料で、ドル円のスプレッドが3銭と取引コストが魅力的で、さらに信託保全されているので長期の投資家にもおススメです。

FX Online
FX Onlineの魅力はなんといっても手数料が無料であること。
そのため、わずか数銭の変動でも利益を取ることができます。レバレッジも高くかけれるのでデイトレーダーにはおすすめです。

ひまわり証券
ひまわり証券はとにかく取扱通貨が豊富です。対円ではなくユーロ/スイスフランなどの外貨同士の取引や、香港ドル、タイバーツ、南アフリカランド等、各種通貨も取り扱っています。必ずどこかで買い(売り)サインがでる形になるので、テクニカル重視のトレーダーにはおすすめです。

外貨ex
サイバーエージェントグループのFX会社です。
とにかく1000通貨単位の手数料が魅力的で、30円(3銭)で取引できます。デイトレードの返済も無料であり、レバレッジも高めであり資金効率が特によいです。

クリック365取扱会社

税制上の優遇、スワップポイントの一本値、透明性の高い価格など、様々な利点があるくりっく365の取扱会社です。

三貴商事
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
くりっく365のリード役、手数料の業界最低水準を維持し、資金の保全もされているので、多くの口座を獲得しています。

Extra

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。