Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -

スワップ派の業者選び

スワップ派の方がまず気にするのが、どの業者を使うかです。 同じ取引でも、その選択で収益額が大きく違ってくるので重要な要素になります。

1.受け取りスワップが高いか
これが最重要事項でしょう。業者によっては、1万通貨あたり10円近く開きがあるので、1年で3,650円も差がでます。
ここで、ひとつ注意がありますが、1日あたりではなく、1週間あたりのスワップで比較するようにお勧めします。
なぜなら、1日のスワップが高くても、木曜日の3倍デーのスワップを低く抑えている可能性があるためです。
スワップ比較の詳細は、これらのブログが便利です。

2.業者の信頼性や信託保全の有無
為替の長期取引は、長時間お金を預け続けるため、お金が戻ってこなくなるようなことは避けなくてはなりません。
信託保全がありといっても100%安全とはいえないので、分散して入金するのをおススメします。

3.レバレッジは高いか
レバレッジは長期投資には関係ないと思われますが、預け入れ額を低く抑えるという意味で重要になります。
低い金額でポジションを維持することにより、業者の破綻リスクの軽減、余ったお金を株や普通預金等で運用できる事などのメリットが存在します。
スポンサーサイト
  • コメント : -

Appendix

スワップが魅力のFX会社

外為どっとコム
 
スワップ金利が高く、1000通貨から取引できるのが魅力的です。6/5日から手数料の値下げが決まり、さらに使いやすくなりました。

セントラル短資
 
スワップ金利の高さはトップ水準です。信託保全もされており、初回1ヶ月手数料無料、5000円キャッシュバックも魅力的です。

手数料が魅力のFX会社

マネーパートナーズ
手数料が無料で、ドル円のスプレッドが3銭と取引コストが魅力的で、さらに信託保全されているので長期の投資家にもおススメです。

FX Online
FX Onlineの魅力はなんといっても手数料が無料であること。
そのため、わずか数銭の変動でも利益を取ることができます。レバレッジも高くかけれるのでデイトレーダーにはおすすめです。

ひまわり証券
ひまわり証券はとにかく取扱通貨が豊富です。対円ではなくユーロ/スイスフランなどの外貨同士の取引や、香港ドル、タイバーツ、南アフリカランド等、各種通貨も取り扱っています。必ずどこかで買い(売り)サインがでる形になるので、テクニカル重視のトレーダーにはおすすめです。

外貨ex
サイバーエージェントグループのFX会社です。
とにかく1000通貨単位の手数料が魅力的で、30円(3銭)で取引できます。デイトレードの返済も無料であり、レバレッジも高めであり資金効率が特によいです。

クリック365取扱会社

税制上の優遇、スワップポイントの一本値、透明性の高い価格など、様々な利点があるくりっく365の取扱会社です。

三貴商事
 「為替-オンライントレード-INV@ST」
くりっく365のリード役、手数料の業界最低水準を維持し、資金の保全もされているので、多くの口座を獲得しています。

Extra

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。